石弘光著作目録(イシヒロミツ) 石弘光著作目録(イシヒロミツ)


uwasano「楽しい読書日記」著作目録一覧 > 石弘光著作目録(イシヒロミツ)

石 弘光(いし ひろみつ、1937年4月9日 )は、東京都出身の経済学者。放送大学学長。
ウィキペディア「石弘光」amazon「石弘光」honto「石弘光」
Hiromitsu Ishi From Wikipedia, the free encyclopedia

環境ジャーナリストの石弘之氏は石弘光氏の弟です。
石弘之著作目録

石弘光著作目録(イシヒロミツ)



Amazon.co.jpで検索




『増税時代 われわれは、どう向き合うべきか ちくま新書 』石 弘光【著】  ¥882 (筑摩書房)(2012/12)
kinokuniya amazon bk1
『新・学問のススメ 生涯学習のこれから 講談社現代新書 』石 弘光【著】  ¥777 (講談社)(2012/03)
kinokuniya amazon bk1
『癌を追って ある貴重な闘病体験 中公新書ラクレ 』石弘光(中央公論新社) 2010/06 ¥756
kinokuniya amazon bk1
『消費税の政治経済学 税制と政治のはざまで 』石弘光(日本経済新聞出版社) 2009/11 ¥2,940
kinokuniya amazon bk1
『税制改革の渦中にあって 』石弘光(岩波書店) 2008/01 ¥2,310
kinokuniya amazon bk1
『現代税制改革史 終戦からバブル崩壊まで 』石弘光(東洋経済新報社) 2008/01 ¥7,875
kinokuniya amazon bk1
『タックスよ、こんにちは! 茶の間で語らう親子のために』石弘光(日本評論社)2006/07
amazon
『政策の現場から バブル崩壊後の日本経済・財政を考える』石弘光(ぎょうせい)2006/05
amazon
『税制スケッチ帳』石弘光(時事通信出版局、時事通信社)2005/10
amazon
『税の負担はどうなるか(中公新書)』石弘光(中央公論新社)2004/03
amazon
『大学はどこへ行く(講談社現代新書)』石弘光(講談社)2002/02
amazon
『税制ウォッチング 「公平・中立・簡素」を求めて』石弘光(中央公論新社 中公新書)2001/06
amazon
『環境税とは何か(岩波新書)』石弘光(岩波書店)1999/02
amazon
『国の借金(講談社現代新書)』石弘光(講談社)1997/02
amazon
『税金の論理(講談社現代新書)』石弘光(講談社)1994/12
amazon
『環境税 実態と仕組み』石弘光、環境税研究会(東洋経済新報社)1993/12
amazon
『利子・株式譲渡益課税論 所得税のアキレス腱を検証する』石弘光(日本経済新聞出版社)1993/11
amazon
『現代財政のフロンティア 高齢化・国際化・分権化(統計研究会叢書)』石弘光、飯野靖四(東洋経済新報社)1992/09
amazon
『土地税制改革 いま、なぜ地価税か』石弘光(東洋経済新報社)1991/06
amazon
『グローバル化と財政(シリーズ現代財政)』石弘光(有斐閣)1990/11
amazon
『税制のリストラクチャリング』石弘光(東洋経済新報社)1990/04
amazon
『税制改革の理論と現実』ジョセフ・A.ペックマン、石弘光(東洋経済新報社)1988/06
amazon
『税制改革をどう進めるか』石弘光(日本経済新聞出版社)1986/04
amazon
『財政理論(有斐閣経済学叢書)』石弘光(有斐閣)1984/01
amazon
『ケインズ政策の功罪(東経選書)』石弘光(東洋経済新報社)1980/12
amazon
ジョン・メイナード・ケインズ著作目録(John Maynard Keynes)
『マクロ経済分析と安定政策』ステファン・J・ターノフスキー、石弘光(マグロウヒル出版)1980/05
amazon
『租税政策の効果 数量的接近』石弘光(東洋経済新報社)1979/03
amazon
日経・経済図書文化賞一覧(1979年度)
『財政入門(有斐閣新書)』石弘光(有斐閣)1977/08
amazon
『財政構造の安定効果 ビルトイン・スタビライザーの分析』石弘光(勁草書房)1976/03
amazon
『財政改革の論理』石弘光(日本経済新聞出版社)1982/04

(uwasano)
『現代税制改革史―終戦からバブル崩壊まで』は、「週刊東洋経済」で年に2度(上半期・通年)選んでいる「ベスト経済書」の第60位でした。
「2008年上期 経済・経営書BEST100」(週刊東洋経済)




著作目録一覧へuwasano「楽しい読書日記」トップへ「コトバンク」で人名検索(「著作目録一覧」関係) inserted by FC2 system